Information

■ Author:カラス[鴉]の、何でもアリ! な雑記BLOG !
■ Comment / TrackBack / Link / は FREE !
■ カラスへのメールは ココ から気軽にどうぞ !
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.23

「パクリ」はOK?「死」はNG!!

[杉村太蔵衆院議員]ブログで盗用 事実認め削除

自民党の杉村太蔵衆院議員(比例南関東ブロック)がインターネットのブログで、予備校講師の著作の一部を盗用していたことが分かった。杉村氏は事実を認め、すでに削除している。


↓削除された箇所↓

思い出しますね。
19歳の頃。
本当にこの男は腐ってました。本気で自分が嫌いだったし、何度も死のうと思った。死のうと思って真冬の大雪山に車で行って、それで凍死を試みましてね。それで車から降りて雪の上に寝て、じっと静かに死を待ったわけですよ。それでもあまりに寒くてね、死ねなかった。しょうがないから車に戻って、少しあったまってからもう一度死のうと思って外に出たんですがね、やっぱり寒くて、「これじゃー風邪引いちゃうよ」とか文句を言いながら帰ったのを昨日のことのように覚えています。今考えたらおかしな話ですよね。死のうと思って来ているのに、風邪を引くも何もないだろうという感じですわね。


何だかなぁ~太蔵ちゃん、パクっちゃったのねぇ~。
パクった太蔵ちゃんも悪いけど、パクる程の内容かねぇ?
何かを伝えようとしたんだろうけどさぁ~。
オチまでパクるところは杉村太蔵って感じだけどさぁ。
俺、思うんだけどねぇ、
「死」というものはさぁ、重いものだと思うんだよねぇ。
だからね、パクったのはどうでもいいんだけど、
単純な発想で「死」というものを扱ってほしくないなぁってね。
「死」ってさぁ、フィクションじゃなくてリアルなんだよなぁ。

杉村太蔵 ブログ - 自由民主党

Tag:   
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://karalogjp.blog57.fc2.com/tb.php/83-68fb03f8
この記事へのトラックバック
「大ファンだった」 人気講師の自伝に酷似 【 執筆は継続 】 杉村太蔵議員(26)が自信のブログに“自殺エピソード”を記載、 盗用した事を認めました。 【 引用のつもりだった? 】 杉村議員は引用符“”や引用記述()を用いていない様子です。 引用事実が分
杉村太蔵ブログに盗用記述で謝罪 | Tv_Catch_Up 【テレビをつかみ取り】 at 2006.05.23 23:09
この記事へのコメント
まさにそうです。。
「死」は軽々しく、口にすべきでない。
そう強く感じます。
もちろん、目をそむけていけないものだとは
わかっていますが・・
今は正直、一番つらいテーマです。。
たとえそれが、どれだけ真面目な話であってもです。
軽々しく「死」を扱うことには、吐き気すら覚えます。
Posted by おやじ at 2006.05.23 23:09 | 編集
本当ですね!
「死」というものをどう受け止めるのか、
当事者にならないとわからない事ですものね。
Posted by カラス at 2006.05.24 10:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。