Information

■ Author:カラス[鴉]の、何でもアリ! な雑記BLOG !
■ Comment / TrackBack / Link / は FREE !
■ カラスへのメールは ココ から気軽にどうぞ !
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.13

8月15日は「記念日」なのか?

このブログで思想的な事を書くつもりは毛頭無いのだが、あえて書く。
8月15日が近づくと「靖国神社」についての繰返し報道が盛んになる。
毎年、同じ事を、まるで参拝する事が悪であるかのような放送をしている。
「今年は首相が参拝するのか?」とか、「A級戦犯の合祀がどうだ」とか。
インチキ臭い評論家が、インチキ臭いことを、インチキ臭い口から吐き出しているが、
少なくとも、靖国神社へ参拝した事があるんだろうなぁ?っていつも思ったりする。
「議論や評論を繰返す前に、一度参拝してからにしろよ」って思う。
俺は靖国神社へ参拝してから、少しだけ戦争感的ものが変化したように思える。

戦争経験もなく、当時の知識も乏しい俺が、あれこれ言うつもりはないが、
俺としては、靖国神社にA級戦犯という方々が合祀されていようがなかろうが、
戦争責任が誰にあるのか?とか、中国や韓国が如何なる難癖をつけようが、
国民の代表であり首相である内閣総理大臣は、公式に参拝するべきだと思う。
日本のために戦い、「天皇陛下万歳!」と言って戦地で亡くなった方々が、
仲間と「靖国で会おう」と言って、戦地で散っていったと言われています。
そんな、英霊が祀られているという事を、忘れてはいけないのだと思う。
その英霊に対して、哀悼の誠を捧げる首相の靖国神社参拝に、俺は賛成である。
俺は、直接、靖国神社へ参拝できないが、地元の護国神社に参拝するつもりである。

単純な疑問だが、どうして「終戦記念日」というのだろう?
日本からすれば、8月15日は「敗戦」の日であり、1945年8月15日正午に、
昭和天皇が「大東亜戦争終結ノ詔書」を朗読した玉音放送が流された日だ。
ポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した日だと認識しているが、
戦争が終結したという事で「終戦」としても、「記念日」って?
戦争に敗れ、敗戦という屈辱を味わった日が、なぜ「記念日」なのだろう?
今迄、無意識の内に「終戦記念日」と言っていたが、記念日などではなく、
日本が太平洋戦争に敗れた、「敗戦の日」なのだと俺は思う。

Technorati Tags:  
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://karalogjp.blog57.fc2.com/tb.php/183-d10fb816
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
戦争で亡くなった人達に、純粋に手を合わせるだけなんですけどねぇ…。
何でここまで大騒ぎするのかが、よく分かりません。

Posted by MAKI at 2006.08.14 01:43 | 編集
靖国神社参拝を批判している
韓国、中国よりの奴らは、本当の奴らの国策を
勉強するべきであると私は思います。
中国共産主義がどんなものなのか?
Posted by 国士無双 at 2006.08.14 22:13 | 編集
★MAKI さん
本当ですね。
国のために亡くなった方々をお参りするだけなのに・・・。

★国士無双 さん
中国共産主義=中華思想。
江沢民は、日本の戦争責任を外交カードとして
きり続けろと明言していたらしいし、
本当の意味での腹の中を、知るべきだと思います。
Posted by カラス at 2006.08.14 22:18 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。