Information

■ Author:カラス[鴉]の、何でもアリ! な雑記BLOG !
■ Comment / TrackBack / Link / は FREE !
■ カラスへのメールは ココ から気軽にどうぞ !
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.26

田瀬湖

田瀬湖
岩手県花巻市東和町田瀬に位置する猿ケ石川を堰き止めてできた人造湖で、
コイやヘラブナなど20数種類以上の淡水魚の宝庫です。
他にもヨットやカヌーを教えてくれる海洋センターや、
ふれあいランド、オートキャンプ場があります。ただそれだけです・・・。

Technorati Tags:    
スポンサーサイト
Posted at 19:04 | Local info | COM(4) | TB(0) |
2006.07.18

ジャスコ(Jusco)

ジャスコ
北上市にあるジャスコ(Jusco)に行って来ましたぁ。
目的もなく、ただ、ぶらっと行って来ましたぁ。
昔はこの辺りは「江釣子村」って言ったけど、合併で北上市に。
高校3年間を過した街なので、全てが懐かしい。
でも、面影はあるものの、だいぶ変わったりもしている。
その分、俺も歳を重ねてるんだと実感する。

Technorati Tags:   

Posted at 23:34 | Local info | COM(1) | TB(0) |
2006.07.02

えさし藤原の郷

岩手県奥州市江刺区岩谷堂にある、映画や大河ドラマなどのロケ地でも知られる、
奥州藤原氏をモチーフにしたテーマパーク、「えさし藤原の郷」を紹介します。

主なロケ実績

藤原の郷
[ えさし藤原の郷 ]
「えさし藤原の郷」は、遥か遠く平安の時代に壮麗なる平泉文化を築いた奥州藤原氏をモチーフにしたテーマパークで、奥州の覇者となった初代・清衡から、二代基衡、三代秀衡、四代泰衡へと大いなる野望と慈愛に満ちた精神は受け継がれ、約百年にわたり繰り広げられてきた華麗なる黄金文化を再現しています。

【Read More】
Posted at 00:58 | Local info | COM(3) | TB(0) |
2006.06.25

岩手護国神社

岩手護国神社(岩手県盛岡市)

戦争で亡くなられた岩手県に関係する人々の魂をお祭りしている神社です。明治維新のときに国のために働いて亡くなられた勤王の志士である目時と中島の2柱と、戊辰・西南の役、日清・日露、第一次世界大戦、大東亜戦争にいたる多くの戦争において戦没されたおよそ35,800柱の英霊をお祭りしています。明治39年盛岡八幡宮境内に移され、昭和14年に「岩手護国神社」と改称しました。


岩手護国神社01 岩手護国神社02

岩手県の靖国神社といったところです。
盛岡八幡宮に隣接しているのですが、八幡宮とはやはり雰囲気が全く違います。
俺もやはり日本人か?と思わせる、気持ちが引締められる感じのする神社です。
現職の岩手県知事が8月15日に参拝したら騒がれるのだろうか?

明治天皇御聖像
明治天皇御聖像
明治9年明治天皇御巡幸を記念して昭和50年に建立されたもので、岩手護国神社と盛岡八幡宮の間に位置します。

護国神社と同じく、菊の御紋が独特の威厳を放っています。


Tag:   
Posted at 12:21 | Local info | COM(2) | TB(0) |
2006.06.24

盛岡八幡宮

盛岡八幡宮 (岩手県盛岡市)

盛岡八幡宮は今から300 年以上昔の延宝8年(1680)、第29代南部重信公により建立されました。盛岡八幡宮に祭られている神は、品蛇和気命(ルビ)と第15代応神天皇で、農業、工業、商業、学問、衣食住など人間生活の根源の神として、昔から地域の人々の多大なる崇敬を集めてきました。明治17年(1884)の盛岡大火などの災害や永年の風雪被害を受けて社殿は再建がくり返され、現在の社殿は平成9年12月に建て直されました。色あざやかな彫刻の施された朱塗りの大社殿が、新しい「盛岡の顔」として堂々たる風格を漂わせています。県下一の大社として、また人々の生活に根ざした信仰や祝い事の拠りどころとして、現在も年間を通して多くの参拝者で賑わっています。


盛岡八幡宮01 盛岡八幡宮02

県下一の大社(誰が決めた?)だそうですが、
岩手県人でありながら、初めて行ってきましたぁ。
神社ってやっぱり独特の雰囲気がありますね。
俺は別に神道じゃないけど、好きな場所です。
無宗教な俺でも心が安らぐって言うのかなぁ?
まぁ~とにかく俺にとっては落着く場所の1つです。
厳粛で厳かな雰囲気がそうさせるのかも知れません。

盛岡八幡宮

Tag:    
Posted at 09:22 | Local info | COM(3) | TB(0) |
2006.06.21

和風レストラン まるまつ

まるまつ1 まるまつ2
地元に新しく和風のファミレスができるみたいです。⇒ 場所

その名も 「和風レストラン まるまつ」!!

そこそこ店舗展開してるみたいですが、 ⇒ 店舗網

・・・・・・・・・・知らねぇ~、聞いた事もねぇ~。

それにしても田舎くさい外観だなぁ~どうにかなんないの?
メニューの写真を見たけど微妙だなぁ?価格は安いけどね。
6月30日オープンらしいから、試しに一回行ってみるかぁ?
あぁ~「京樽」とか、「とんでん」が懐かしい~。

都会の暮しを忘れきれずにいるカラスです・・・。

Tag:
Posted at 00:01 | Local info | COM(6) | TB(0) |
2006.06.18

千葉家(南部曲り家) 岩手県遠野市

千葉家(南部曲り家)

江戸後期、約200年ほど前に建てられた南部地方特有の曲り家。住居部分が122坪、畜舎部分が41坪程の広さで、飛騨の合掌作りとともに「日本10大民家」のひとつにも数えられる。かつては作男15人、馬20頭ほどいて、下を見渡して目の届く田畑は、全てこの屋敷の主千葉氏の所有だったといわれています。現在も住居として使用されており、その一部を開放して昔ながらの生活が垣間みえる農具などを展示している。


千葉家(南部曲り家) 千葉家間取
遠野市から盛岡市に抜けるR396沿いに位置する千葉家(南部曲り家)です。
今でも住んでるんだって! 俺は住みたくないけどぅ(笑)。
石垣を組み悠然とした佇まいは、さながら城郭のようです。
あまりにも立派過ぎて、昔、お殿様が見下された感じがするといって、
この下の道路を通らなかったという言伝えもあります。
入場料を取られちゃうし、曲り家だけだけど、機会があればどうぞぅ!

曲り家とは?

曲り家というのは、L字型の家のことで、人間の住む母屋と馬小屋を直角に連結した農家をいう。


【Read More】
Posted at 13:56 | Local info | COM(8) | TB(0) |
2006.06.08

釜石鉱山

釜石鉱山

釜石鉱山(旧釜石鉱業所)は、戦後「鉄・銅」併産の国内最大規模の鉱山として発展したが、昭和50年代以降生産規模を縮小し、平成4年に銅を、平成5年には安政年間以来130年余の鉄鉱石採掘にピリオドを打った。総採掘量は約7,000万t、維持坑道は150㎞にも及ぶ。現在は、坑道より湧き出るミネラル水「仙人秘水」の販売を行っている。


仙人秘水

大峰山・仙人峠周辺の原生林に降りそそぐ雨や雪解け水が、北上古生層の類い稀な天然のフィルターで数十年もの歳月をかけて浸透され山頂直下およそ600mの岩盤の裂け目から湧き出た天然弱アルカリ性で軟水の鉱泉水で、日本で最初に認可された非加熱処理の天然弱アルカリ性のナチュラルミネラルウォーターです。


釜石鉱山 仙人秘水
釜石鉱山は、釜石市と遠野市との市境にある仙人峠に位置する。
現在、鉱山は閉鎖されているが、建物が歴史を感じさせている。
市外へ出る際は必ず通るR283にある歴史的遺産?だなぁ。

Tag:    
Posted at 19:18 | Local info | COM(3) | TB(0) |
2006.06.07

観光船「はまゆり」

岩手県釜石市の観光船「はまゆり」の紹介。

観光船「はまゆり」は陸中海岸初の双胴型高速船です。
観光コースは2コースで、所要時間・料金は下記のとおり。

1、釜石湾絶景巡りコース [ 所要時間:約40分 ]
 (¥1,500/大人 ¥1,200/学生 ¥750/小人)
2、三貫島めぐり豪快コース [ 所要時間:約60分 ]
 (¥2,000/大人 ¥1,600/学生 ¥1,000/小人)


観光船「はまゆり」 コース案内図
カッコイイ観光船でしょ?(笑)。
地元の俺としては、料金が微妙に高いかなぁ~?って思うけど、
ウミネコと戯れる事もできるので、いいかもぅ?です。
岩手の釜石にお越しの際は是非、お試しアレ!!
ちなみに俺、カラスは乗った事がありません(爆)。

釜石市観光案内(観光船はまゆり)

Tag:    
Posted at 10:03 | Local info | COM(3) | TB(1) |
2006.05.30

碁石海岸

碁石海岸岩手県大船渡市

大船渡市末崎半島の東南端約6kmの海岸線を『碁石海岸』と呼び、背後のアカマツやたくさんの草花が彩りを添えるなど、変化にとんだすばらしい海岸景勝地で、「日本の渚・百選」にも選ばれています。


碁石海岸01 碁石海岸02
碁石海岸03 碁石海岸04
ドライブがてら、碁石海岸へ行って来ました。
どうですかぁ?この荒波はぁ?最高でしょ?
思わず飛び込みたくなるような気分にさせられます(笑)。
写真は崖の上から撮影してますが、下に降りれば、
波によって磨かれた玉砂利が敷きつめられた、碁石浜があります。
いやぁ~ちょっとだけリフレッシュしましたぁ!

Tag:
Posted at 23:47 | Local info | COM(8) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。